月が見える土曜の夜は昔を思い出す

生きていく上で、「騎士」のポジションってなんだろう。興味無いと思う?「不運」は、君にとってなんの意味があるんだろう。
ホームボタン

騒がしく走る君と冷たい肉まん

今日は少年は、小学校の給食当番だった。
帽子とマスクをつけて、白衣を着て、他の給食係達と、今日の給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツみたいに蓋付きの大きな鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重たい瓶入り牛乳は、男子が運ぶべきだろう、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女の子に運ばせたくなかったけど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年は少しドキドキしながら、そのまま2人一緒に牛乳を運ぶ事にした。

笑顔でダンスする君と月夜
友人の知佳子はなかなか賢い。
頭が良いんだなーと思う。
あまり他者を悪く言ったりはしない。
あれ?と感じても、とりあえずその人の気持ちも尊重する。
そうしていると、視野が広がるし、我慢強くなれるのだ。
意見を譲らない事より、こうしている方が彼女にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、経験を自分のものにする方法をとても理解している。

よく晴れた祝日の午後は窓から

遠くの里方で暮らす妻の母も孫用として、たいそう多量にお手製のものを作ってくれて届けてくれている。
ミッフィーがめちゃめちゃ好みだと言ったら、伝えたキャラクターの布で、ミシンで縫って作ってくれたが、縫物の為の生地の価格がめっちゃ高額でびっくりしていた。
裁縫するための布は横、縦、キャラクターものだと上、下も方向があって面倒だそうだ。
それでも、色々、ミシンで縫って作ってくれて、届けてくれた。
小さな孫はものすごくかわいいのだろう。

どしゃ降りの休日の夜は窓から
憧れているウォッカの国、ロシアに、一回は行けたらいいなという夢がある。
英語のクラスに無謀さを感じた時、ロシアの言語をやってみようかと思ったことがある。
しかし、書店で読んだロシア語の参考書をみて一時間ほどで英語にもどった。
とにかく活用形が半端なく複雑だったのと、発音の巻き舌が多数。
旅行者としてスピリタスとボルシチを目指して行きたいと思う。

陽気に跳ねる妹と夕立

寝る前に、ビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に接客の仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、マンションの近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円のワインを探しています」などと話して。
父に贈った、そのワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
この一件で、あまりワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと思える時間の友だったら、値段や質にはこだわる必要は、今のところない。

雲が多い火曜の夕暮れに想い出に浸る
新入社員の頃、株の取引に好奇心をいだいていて、購入したいと考えてたことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったけれど、しかし、一生懸命稼いだお金が簡単に消えるのが嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座はつくって、使用する資金も入れて、パソコンのエンター一つ押すだけで買えるように準備までしたけれど、恐怖で買えなかった。
せいいっぱい、働いて稼いでためた貯金だから、いくら人から見たら少ないお金でも少なくなるのは怖い。
でも一回くらいは買ってみたい。

雹が降った祝日の晩に昔を思い出す

日頃、Eくんがくれるメールの中身は、何が伝えたいのかまったく理解できない。
酔ってても素面でもいまいち分からない。
だけど、彼が社内で書いたという、会社の商品の梅干しに関してと、寄付金についての文章を読む機会があった。
ちゃんとした日本語を書けるじゃん!と驚いた。

気持ち良さそうに泳ぐ兄さんと暑い日差し
海辺がすごく近くで、サーフィンのスポットとしても非常に有名なスポットの歩いてすぐに住んでいます。
だから、サーフィンをしている人は大変多く、会社の前に朝はやくちょっとサーフィンにという方もいます。
そんなふうに、サーフィンをする人が多数いるので、誘われることが大変あったのですが、毎回断っていた。
なぜかというと、俺が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからです。
けれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行ったスポットは熟練者がする場所で、テトラポッドが左右に置かれていて、波乗りのスペースがごく狭い海でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

悲しそうにお喋りするあの人とアスファルトの匂い

季節の中で、雨の続く梅雨の時期がお気に入りだ。
部屋は湿度が上がり外出すると濡れるけど。
一つの理由として、小さいときに、梅雨に見られるアジサイが美しく、それからあじさいが咲くのを楽しみにしている。
九州長崎で付き合っていた、シーボルトとお瀧さんの紫陽花逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて上陸した、ドイツ人のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言ったそうだ。
雨に打たれながらひっそりと咲くあじさいを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち変化して、紫陽花はおた草と別名を呼ばれるようにもなったらしい。

薄暗い月曜の明け方は散歩を
全国には、数えきれないくらいの祭事が催されているだろう。
実際に見たことはないけど、良く知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
ゴージャスな彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見学したときには、ビデオや実物大の屋台と笠鉾を見た。
師走の月に開催されるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
体験したいし見てみたいお祭りの一個でもある。
秩父夜祭とは逆に、夏に開催されているのは、福岡県のほうじょうえがあるが、すべての生き物の生を奪う事を制限する祭事。
江戸時代は、この祭事の開かれてる間は、釣りもしてはいけなかったとの事。
伝統的なお祭りも大事だが、私はりんごあめも同様に好きだったりする。

Copyright (C) 2015 雷雲と大地と蜃気楼 All Rights Reserved.