堺市 個人再生 弁護士 司法書士

堺市に住んでいる人が借金返済の悩み相談をするなら?

多重債務の悩み

多重債務の悩み、借金の問題。
借金の悩みは、自分ひとりだけでは解決するのが難しい、深い問題です。
しかしいきなり、弁護士・司法書士などに相談するのも、少し不安になったりする、という方も多いでしょう。
このサイトでは堺市で借金・債務のことを相談する場合に、おすすめの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
ネットで相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、堺市の法務事務所・法律事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。

個人再生・借金の相談を堺市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済や債務問題の相談なら、ここがおススメです。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いにも対応しています。
相談料金はもちろん0円!
借金督促のストップも可能です。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、債務のことを無料相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付できるので、お金に困っている方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や債務の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに合った方法で借金問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、お得に解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心です。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので堺市にお住まいの方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の堺市近くにある法律事務所や法務事務所を紹介

堺市には他にも複数の司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

堺市にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金問題に堺市在住で困っている方

キャッシング会社やクレジットカード会社などからの借入金で困っている方は、きっと高利な金利にため息をついていることでしょう。
借金をしたのは自分ですので、自分の責任だからしょうがありません。
しかし、いくつもの金融業者からお金を借りていると、額が多くなり、とてもじゃないけど完済するのは難しくなってしまいます。
月ごとの返済金では金利だけしか返済できていない、という状態の方もいるかもしれません。
ここまで来ると、自分ひとりだけで借金をキレイにするのは無理でしょう。
借金を清算するため、はやめに弁護士や司法書士に相談するべきです。
どのようにしたら今の借金をキレイにできるのか、借入金を減らせるか、過払い金生じていないか、等、司法書士・弁護士の頭脳をかしてもらいましょう。
借金の問題の解決は、相談から始まります。

堺市/債務整理は弁護士へ依頼するのがおすすめ?|個人再生

債務整理とは、借金の返済が滞ってしまった際に借金をまとめて悩みを解決する法的な方法なのです。債務整理には、民事再生、任意整理、自己破産、過払い金の四種類の方法があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者と債権者が直接話し合いを行い、利子や月々の支払金を抑える手段です。これは、利息制限法・出資法の二種類の法律上の上限利息が異なる事から、大幅に圧縮する事が出来るのです。話し合いは、個人でも行う事ができますが、通常なら弁護士に依頼します。多くの修羅場をくぐった弁護士なら頼んだその段階で問題は解決すると言っても言過ぎではありません。
民事再生は、今の情況を裁判所に認知してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減らしてもらう決め事です。このときも弁護士の先生に依頼したら申したて迄することができるので、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、任意整理また民事再生でも払えない膨大な借金がある場合に、地方裁判所に申立てて借金を無しにしてもらう仕組みです。このようなときも弁護士さんに相談すれば、手続きも円滑に進むので間違いがないでしょう。
過払金は、本来ならば戻す必要がないのにクレジット会社に払いすぎたお金の事で、司法書士・弁護士にお願いするのが一般的なのです。
こうして、債務整理はあなたに合った手段を選べば、借金に苦しんだ日々から一変、再スタートをする事も出来ます。弁護士事務所によって、債務整理や借金に関する無料相談を実施しているところも有りますから、まず、問い合わせてみてはどうでしょうか。

堺市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/個人再生

はっきり言って世の中で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地や高価な車やマイホーム等高額の物は処分されるのですが、生きるなかで必ずいるものは処分されません。
また20万円以下の貯蓄は持っていて大丈夫です。それと当面の数箇月分の生活する為に必要な費用100万未満ならとられる事は無いでしょう。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもわずかな人しか見てないのです。
又俗にいうブラック・リストに掲載され7年間ほどの間はキャッシングやローンが使用出来ない現状となるのですが、これはしようが無いことなのです。
あと定められた職に就職できないことも有るのです。けれどもこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返すことができない借金を抱えこんでいるならば自己破産を実施すると言うのも1つの手段です。自己破産を進めれば今日までの借金がすべてゼロになり、新しい人生を始められるということで長所の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士・司法書士・税理士・弁護士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれないでしょう。しかしこれらのリスクはあんまり関係が無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃないはずです。