大田区 個人再生 弁護士 司法書士

債務整理や借金の相談を大田区でするならどこがいいの?

債務整理の問題

借金の問題、多重債務の悩み。
お金・借金の悩みは、自分だけではどうしようもない、深い問題です。
しかし、司法書士や弁護士に相談するのも、ちょっと不安になったりする、という人も多いでしょう。
ここでは大田区で借金のことを相談する場合に、おすすめの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
インターネットを使って相談できるので、初めて相談する方でも安心です。
また、大田区の法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

借金・個人再生の相談を大田区在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

大田区の債務・借金返済問題の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料はもちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能です。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、借金や債務のことを無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないので、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので大田区の人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の大田区近くにある弁護士・司法書士の事務所の紹介

他にも大田区には複数の法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●石垣松井合同事務所
東京都大田区大森北4丁目12-23
03-3761-5181
http://matsui55-lawoffice.com

●司法書士笹林洋平事務所
東京都大田区蒲田4丁目47-5
03-5713-1226
http://saimuo.herasou.com

●東京南部法律事務所
東京都大田区蒲田5丁目15-8蒲田月村ビル4F
03-3736-1141
http://nanbu-law.gr.jp

●稲田司法書士・行政書士事務所
東京都大田区蒲田5丁目36-2相互蒲田ビル10F
03-3739-3571
http://inada-jimusyo.jp

●松波・木戸司法書士事務所
東京都大田区大森北4丁目8-1ユアサ大森ビル1F
03-3763-5562
http://kido-soudan.com

●長島法律事務所
東京都大田区大森北1丁目9-3シルク大森ビル
03-3761-3329
http://lawyer-m-n.com

●司法書士関英夫事務所
東京都大田区蒲田五丁目48番4号ファーネスビル旧館2階
03-6424-9177
http://seki-shihoushoshi.com

●菱田司法書士事務所
東京都大田区大森北1丁目15-14
03-3761-6217
http://hishida-jimusho.net

●ひなみ法務司法書士事務所
東京都大田区南蒲田2丁目11-18
03-6424-8639
http://hinami-low.com

●高橋雄一郎法律事務所
東京都大田区蒲田5丁目24-2損保ジャパン蒲田ビル
03-5711-8155
http://tylaw.jp

●加藤孝夫司法書士事務所
東京都大田区蒲田5丁目45-5
03-3735-6230
http://shoshi-kato.com

●司法書士辻井宏事務所
東京都大田区西蒲田7丁目4-3カーサ蒲田ソシアルプラザ6F
03-5480-0240
http://office-tsujii.jp

●司法書士黒川雅揮事務所
東京都大田区蒲田五丁目45番5号ドミール蒲田1205号
03-5714-0018
http://k-legal.jp

大田区にある地元の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金問題に大田区在住で困っている場合

クレジットカード会社や消費者金融等からの借入れ金で悩んでいるなら、きっと高利な利子に困っているでしょう。
お金を借りたのは自分ですので、自分の責任だからしょうがないでしょう。
ですが、いくつものキャッシング会社やクレジットカード会社から借金していると、金額が多くなり、とてもじゃないけど完済するのは難しくなってしまいます。
月ごとの返済金だと利子しか返せていない、という状態の人もいると思います。
ここまで来てしまうと、自分ひとりの力で借金を返済することはほぼ無理でしょう。
借金を清算するため、早めに弁護士・司法書士に相談するべきです。
どうやったら今の借金を清算できるのか、借入れ金を減らすことができるか、過払い金はあるか、等、司法書士・弁護士の知識を貸してもらいましょう。
借金問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

大田区/債務整理のデメリットとは|個人再生

債務整理にも様々なやり方があり、任意で信販会社と交渉をする任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産、個人再生等のジャンルがあります。
それではこれらの手続きにつきどんな債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これら3つの手段に共通している債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にそれ等の手続をしたことが記載されてしまうという点です。俗にブラックリストという状況です。
とすると、おおよそ5年〜7年くらいの間は、クレジットカードが創れなくなったりまたは借金ができなくなったりします。しかし、貴方は返済するのに日々悩み続けこれらの手続きを実行する訳なので、もう少しだけは借入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃローンカードに依存している人は、むしろ借入れができなくなる事によって出来ない状態になることにより助けられるのではないかと思います。
次に個人再生や自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続を行った事が掲載されることが上げられるでしょう。とはいえ、貴方は官報など観たことがありますか。逆に、「官報って何?」という方のほうが多数じゃないでしょうか。
現に、官報は国がつくるする新聞みたいなものですが、金融業者等々の特定の方しか見てません。ですので、「自己破産の実情が近所の人々に知れ渡った」などという心配事はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理のデメリットですが、一辺自己破産すると7年という長い間、2度と破産出来ません。そこは十分配慮して、2度と破産しなくても済むようにしましょう。

大田区|自己破産に潜むリスクとは?/個人再生

はっきり言えば社会一般で言われる程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車、マイホーム、土地など高価値の物件は処分されるのですが、生きる上で必ずいるものは処分されないです。
また20万円以下の預貯金も持っていても問題ないです。それと当面の間数か月分の生活費用が一〇〇万円未満ならば没収されることはないのです。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれも一部の人しか目にしません。
また俗にいうブラックリストに記載されしまい7年間ほどはキャッシング、ローンが使用不可能な情況となるのですが、これは仕様がないことでしょう。
あと一定の職に就職できないこともあるでしょう。しかしこれも僅かな限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金することが出来ない借金を抱えてるのであれば自己破産をするというのも1つの手法でしょう。自己破産を実施したらこれまでの借金が全くチャラになり、新規に人生をスタート出来るという事でメリットの方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士・司法書士・公認会計士・税理士などの資格は停止されます。私法上の資格制限として遺言執行者や後見人や保証人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないです。しかしこれらのリスクはあまり関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きなものではないはずです。