怒って熱弁する君と濡れたTシャツ

「化粧師」を好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人も。あなたが思う「勘違い」はどうだろう?
ホームボタン

具合悪そうに歌うあの人と観光地

ちょっとだけ時間にゆとりが持てたので、TSUTAYAへ出かけた。
新たにipodに入れる音楽を見つけるため。
この春、かなり聞いたのが西野カナさん。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
アメリカ人以外の作品も素敵だと近頃思う。
そう思い立って、今日は借りたのは、シャルロット・ゲンズブールだ。
甘い声とフランス語が良い感じだと思う。

無我夢中で熱弁するあなたと暑い日差し
とある真夏の昼前。
少年は家の庭で、蟻の行列が死んだ虫を運んでいるところを注意深く観察していた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだけど、虫の死骸一つでこんなにたくさんのアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達を指ではじいたらどうなるかな、という好奇心がわいてきた。
だが、今日のところはじっくり見守ることにした。
とても暑い日なので、少年の汗はダラダラと流れ、とめどなくアリの行列のそばに落ちた。

雹が降った平日の昼は昔を懐かしむ

江國香織さんの小説に出てくる女性は、陰と陽を持っていると思う。
不倫を責めない。
恋だと思わせつつ、心底愛しているのは別のたった一人。
という女の人たちが多く見られるような気がします。
不貞行為を陰だと思えば、本命は陽。
突然別人が入ったように陰が襲ってくる。
不倫に対する善悪の定義はシカトして、その物語のヒロインを凝視する。
自分の中に新しい恋愛に対する考え方や見解が登場することもありえる。

悲しそうに踊る姉ちゃんとアスファルトの匂い
取り掛かったら、完成させるまでに時間がかかるものは、世界には多くみられる。
私は、他言語だと思っている。
と感じていたが、韓国語は例外で、日本の言葉と語順が同じ、SVOで、尚且つ日本語にない音が少ないので、取っ付きやすいらしい。
昔、韓国語を勉強していた明日香ちゃんは、英語よりはわりと習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
ちょっとだけテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、どう考えても文字は絵にしか見れない。

雪の降る金曜の日没に食事を

娘の4歳の誕生日が近いので、プレゼントをどんなものにしようかを考えている。
嫁と相談して、体で遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、ものを見て決めることにしたけど、これだというものがない。
しかし、子供に遊ばせてみたら、簡単に決めることができた。
秘密基地というおもちゃに夢中だったから、それに決めた。
ただ、今の借家が小さいので、小さくて折りたたみ可能なものに決めた。
値段もなかなか安かったので、よかった。

雹が降った週末の深夜はビールを
今日の新聞に、女性の眉に関して、面白い記事が記載されていた。
真実が分かれば、いきなり色っぽさも感じてくるので面白い。
目にするだけでは、不気味にも感じる場合もあるが、その昔は成人女性の印だという。
なるほど、と思えば、急に色っぽくも感じられるので不思議だ。

気分良く熱弁するあなたと擦り切れたミサンガ

思いのほか生地は少しでも値段がする。
娘が園に9月から行くので、入れ物がいるのだけれど、なにかしら仕立てるために必要な布がばかにならなかった。
とりわけ、キャラクターものの裁縫するための布なんて、とても高かった。
ミッフィーとか他の生地がたいそう金額がいった。
使用するサイズの布製の袋を購入した方が早いし、面倒が無いだけれど、地方なので、園に持って行っている人は皆、手作りだし、近くに販売していない。

雨が上がった大安の晩はゆっくりと
久しぶりの出張の当日、初めて業務で同行したAさんという男性は、体の大きな上司だ。
入社時に挨拶した際から貫禄があり、プラーベートな会話は少しもできなかった。
前回、ふとAさんの袖をまくった腕をみて衝撃を受けた!
大粒の天然石ブレスがかなりの数つけられていたから。
思わず、パワーストーン大好きなんですね!と言ってしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げで、想像とはうらはらに可愛い顔で、ひとつひとつのストーンの名前語ってくれた。

怒って走る父さんと枯れた森

都内で江戸の頃より賑わっている下町が、台東区にある浅草。
その中で由緒ある寺が浅草寺。
つい最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しぶりに行く台東区の浅草参拝。
一段と、自分の目できちんと確認し分かったことは、外国人のツーリストが多いという事実。
色々な国よりツーリストの来る浅草だけど、前よりどう考えても多い。
おそらく、世界一背の高い総合電波塔、スカイツリーが建った関係もあると考えられる。
近隣からは、羽田ハブ化に伴ってアクセスが便利になったという事で、それと、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅せられて来ている旅行客が多いと感じる。
とにかく、これからの未来も多くの外国人観光客がやってくることを想像させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん観光することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん買って、足袋や木刀も観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある浅草寺本堂が見えてきた。
この瓦屋根はチタン瓦を使用し、工事を行ったそう。
浅草寺の秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり願ってきた。
今年の成果が、いつか成就しますように。

気どりながら歌う彼女と穴のあいた靴下
学生時代、体調が良くない上に、偏った食事と、睡眠の内容が良くなかったので、口内炎が多くなった。
改めようと思い立って、食生活を改善することを誓い、肌ケアに良い事をやろうと情報収集をした。
大いに推進されたのが、アセロラジュースだ。
今に至るまでほぼ毎日飲むことにしている。
れもんよりも肌に必要なビタミンCがごっそり入っているらしい。
コンディションと美はやはりフルーツから作りだされるのかもしれない。

Copyright (C) 2015 雷雲と大地と蜃気楼 All Rights Reserved.